= 最新の記事 =

十勝連峰富良野岳から大雪山旭岳までの約80kmに及ぶ
北海道きってのロングトレイルを山中5泊6日で歩いてきました。

今年の紅葉は例年になく素晴らしかった!!


スタートは十勝連峰南端の「原始ヶ原登山口」から
登山初日、朝イチから歩き始めるため登山口脇にある「ニングルの森管理棟」で前泊。
この山小屋は普段は無人ですが、
鍵を富良野市役所で借り受け誰でも宿泊することが出来ます。


A-DSC03601.jpg

滝が点在する布部川沿いにしばらく歩いた後、
原始ヶ原の高層湿原のなかを少しづつ標高を上げながらまずは富良野岳を目指します。



A-DSC03604.jpg

徐々に雲が抜けてきて富良野岳の山頂直下では視界が開けてきた!!
背後は前富良野岳。

富良野岳山頂では結構風が強く、
今後天気が荒れてきそうな感じだったのでテント泊はパス。
初日はカミホロ避難小屋泊。
案の定夜半過ぎから風雨強し・・・・



A-DSCN1687.jpg

風雨の中、風に飛ばされない様に痩せ尾根を歩き、
十勝岳を経て這々の体で美瑛富士避難小屋まで辿り着き小屋で2泊目。

翌日3日目も雨は降り止まず、オプタテシケ山〜コスマヌプリ〜ツリガネ山と
十勝連峰と大雪山との間の低標高帯を黙々と歩き続け、夕方やっと三川台のテン場に到着!!

この2日間はなかなかに修行的な山歩きでした・・・




A-DSC03630.jpg

そして4日目、待ちに待った晴れ日が来ました!!
三川台から見たユウトムラウシ川の源頭付近のカール。最高の眺め!!!

実は3泊目の夜、写真右上辺りのテン場で寝ていたところ、
夜中の1時過ぎにテントの周りをゆっくりと草を踏みしめる音と、
「ブホーッ、ブホーッ」と荒い息づかいが聞こえてくるではありませんか。
「クマだ!!!」と気付くものの他のゲストはぐっすり眠っていて気付いていません。
自分一人で心臓バクバク、冷や汗タラタラで息をひそめていると、
徐々にその息づかいと共に足音が遠のいていったので、なんとか一安心・・・・

以前にも日高エサオマンのカールで同じような経験をしたことがありますが、
やはり気持ちのいいものではありません。
イザという時の為にもクマ撃退スプレーは必携です。
但し、間違ってもテント内で噴射しない様に、自分たちがエライ目に遭います。




A-DSC03632.jpg

これまで歩いてきた山々やトレイルがハッキリと見えます!!

昨日までは全く遠望がきかなかったので
「知らないうちにここまで来てしまった」という感じ・・・



A-DSC03647.jpg

トムラウシ山直下の南沼付近からの十勝連峰。
夏とはまた違った景色が広がっています。



A-DSC03683.jpg

高山植物の成長期はとても短く、
チングルマも短い夏の期間にどんどん姿や色合いが変わっていき、
あっという間に冬の準備に入ります。



A-DSC03699.jpg

エゾシマリスもハイマツの実などをせっせと穴に埋めたり、
掘り出しては食べたりと冬の準備に大わらわといった感じ・・・
人間なんか近くに来ても全く意に介さない様子。



A-DSC03713.jpg

五色岳から忠別岳方面。
この広大さは大雪山ならではの風景です!!

4日目は三川台からトムラウシ山などを経て忠別のテン場まで。
十勝方面から大雪の表銀座ルートに入るとさすがトレッカーも多くなり、
テン場や避難小屋も混合ってきます。



A-DSC03734.jpg

5日目、忠別のテン場から黒岳のテン場まで、
大雪山らしい広々としたトレイルを辿ります。

高根ヶ原から高原沼方面を見下ろすと、こちらもまた見事な紅葉!!
今年の紅葉は霜枯れなども少なく、
ここ数年ではピカイチの鮮やかさです。



A-DSC03782.jpg

そして6日目最終日、この6日間で一番のお天気。
黒岳の山頂からのご来光は最終日を飾るにふさわしい美しさ!!





A-DSC03796.jpg

朝日に照らされた北鎮岳と黒岳石室付近。
1年で最も混雑する時期だけあってテン場も山小屋もほぼ一杯。

唯一残念だったのは石室でビールを買いたかったのですが、
前日に全て売り切れてしまっていたこと・・・・

まあ缶チューハイとワンカップ酒が残っていたのでまあ良しとしました。




A-DSC03815.jpg

そして今回のロングトレイル最後の一座、旭岳山頂からの眺望。
雲ひとつない空に、歩き始めの富良野岳が遠く霞んで見えました。

修行のような悪天候あり、最終日のような快晴あり、
ロングトレイルではそういったさまざまな気象条件やコンディションに対応しながら、
根気よく諦めずに歩き通す「体力」と「精神力」が必要とされることを
改めて感じさせられた素晴らしい山旅でした。

何と言ってもその『達成感』これは格別です!!






タッチー氏への応援コメント